lost インプラント・
入れ歯治療

  • TOP   >   
  • インプラント・入れ歯治療

失った歯の機能をインプラント治療で
取り戻しませんか?implant

失った歯の機能をインプラント治療で取り戻しませんか?

歯を失ったとき、そのまま治療を受けないと隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりして歯並びを乱し、噛み合わせのバランスをくずしてしまいます。すると歯を1本失ったことからはじまり、お口全体の健康がおびやかされてしまいますので、早く治療することが大切です。

失った歯の機能をインプラント治療で取り戻しませんか?

失った歯の機能回復の治療法は大きく分けて3種類で、隣の歯を削って連結した歯を装着するブリッジ治療、取り外し可能な入れ歯治療、そして人工歯根を埋め込むインプラント治療があります。どの治療にも特徴とメリット・デメリットがありますので、患者さんに合った治療法を選ぶことが大切です。
練馬区氷川台の歯医者で、平和台駅からも通える伊藤歯科医院では、それぞれの治療法を丁寧にご説明し、誠意をもって診療いたしますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療は失った
歯を取り戻すための治療です

インプラント治療は失った歯を取り戻すための治療です

インプラント治療では、歯を失った部分のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にし、被せ物または特殊な入れ歯を装着して歯の機能回復をはかります。生体親和性の高いチタン製のインプラントがあごの骨にしっかり結合すると、まるで自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

インプラントの
メリット・デメリット
インプラント治療のメリット インプラント治療のデメリット
  • 天然歯のように自然な見た目です
  • 自分の歯のような感覚で噛めます
  • メインテナンスをすれば長く使用できます
  • まわりの歯に負担をかけません
  • 天然歯に似た形状なので発音がスムーズです
  • あごの骨に刺激が伝わるのであごの骨が痩せにくいメリットがあります
  • 手術が必要なので治療に時間がかかります
  • 保険外診療なので費用は患者さんの全額負担です
  • 日々のお手入れは、自分の歯以上に丁寧なお手入れが重要です

インプラント治療の流れ

STEP 1 検査・カウンセリング

STEP 1 検査・カウンセリング

失われた歯の数、顎の骨の硬さ・厚さ、インプラントを埋め込む位置などを把握し、治療法を検討します。この段階でむし歯や歯周病がある場合は、インプラント治療よりも先にそれらの治療を行います。

STEP 2 術前診断

STEP 2 術前診断

カウンセリングの内容をふまえ、治療計画をご提案します。ご質問・ご要望は、どんなことでもお気軽にご相談ください。

STEP 3 手術

いよいよ手術開始。ここからはより細かいステップに分けてご説明します。

STEP 3-1 インプラントの埋め込み

STEP 3-1 インプラントの埋め込み

局部麻酔をかけ、顎の骨に穴をあけます。そこにインプラントを埋め込み、歯茎を縫合して完了です。手術時間はだいたい30~60分が目安です。

STEP 3-2 術後のケア

STEP 3-2 術後のケア

埋め込み手術の翌日にもう一度ご来院いただき、消毒。その後1週間で抜糸を行い、インプラントと顎の骨が結合するまで6~12週間待ちます。

STEP 3-3 人口歯の準備

STEP 3-3 人口歯の準備

インプラントが完全に定着したら、歯茎にスペースを作るためにパーツを装着し4週間待ちます。その後に人工歯を取り付けるためのパーツ(アバットメント)を装着し、型を取って人工歯を作製します。

STEP 3-4 人口歯の装着

STEP 3-4 人口歯の装着

完成した人工歯を装着し、インプラント治療は完了となります。ただし、インプラントは治療後のお手入れが非常に重要ですので、ぜひ定期検診の受診をお願いいたします。

インプラント治療後は
メインテナンスが重要

インプラント治療後はメインテナンスが重要

インプラントは人工歯なので虫歯にはなりませんが、メインテナンスを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかってしまうリスクがあります。するとせっかく治療した人工歯根が使えなくなってしまいます。しかし毎日セルフケアを行い、さらに歯科医院での定期的なメインテナンスを受けていれば、長期にわたって使用可能です。インプラント治療が終了したと油断せず、しっかりメインテナンスを続けてください。

症例紹介

症例②
  • 症例②
  • 症例②
  • 症例②
  • 症例②
  • 症例②
  • 症例②
  • 症例②

※画像をクリックすると拡大します。

  • 治療期間:抜歯から約半年
  • 治療費用:¥800,000
  • 伴うリスク:インプラント埋入時に神経損傷してしまう場合がある。

料金表

インプラント埋入手術(1歯) ¥200,000~¥250,000
上部補綴装置 ¥200,000~¥250,000

入れ歯治療は多くの方に
選ばれていますdenture

入れ歯治療は多くの方に選ばれています

入れ歯は長い歴史がある治療法です。比較的手軽に、比較的短期間で治療できます。歯が残っている場合には「部分入れ歯」をつくり、歯が残っていない場合には「総入れ歯」「全部床義歯」をつくります。さらに保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯にも分けられます。

保険診療と自費診療の
入れ歯をくらべてみましょう

保険診療と自費診療の入れ歯をくらべてみましょう

保険診療の入れ歯は、費用負担が一部で済むので比較的安価に失った歯の機能回復ができます。全国どこでも同じような診療が受けられますが、使用素材が決まっていてレジン(歯科用プラスチック)を使い、部分入れ歯のときには金属のバネ(クラスプ)をつけます。ある程度の厚みが必要なので装着時に違和感があり、食べ物の熱が伝わりにくいのがデメリットです。またバネが目立つのが気になります。

自費診療の入れ歯は、全額自己負担なので比較的高額ですが、素材や作製方法を選ぶことができます。そのため熱を伝えやすい素材を使用することも、見た目を自然にすることも、装着感をよりよくすることも可能です。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
レジンでつくります。比較的安価で、比較的短期間で作製可能です。修理や調整も比較的かんたんです。 弾性のある素材を使ったり、丈夫で薄くつくれる金属を使用したり、マグネットを使用したりしてさまざまな種類から選択できます。

取り扱い入れ歯メニュー

氷川台・平和台のどちらの駅からも通える伊藤歯科医院では、レジンでつくる保険診療の入れ歯だけでなく、さまざまな自費診療の入れ歯もご提供します。患者さんに合った治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

  • 金属床義歯

    金属床義歯

    入れ歯が歯ぐきに接する部分を金属でつくります。丈夫なうえ薄いので、お口の中での違和感がレジン床にくらべて抑えられます。また金属は食べ物の温度を伝えやすいので味覚を助けます。

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    金属のバネがない部分入れ歯です。素材は弾性のある樹脂で歯ぐきにフィットします。バネがないので自然な見た目です。

  • マグネットデンチャー

    マグネットデンチャー

    歯根が残っている場合、そこに磁性金属を埋め込んで、入れ歯には小さな磁石を埋めて磁力で入れ歯を固定する方法です。着脱は楽にできますが、使用時はしっかり固定するのでよく噛め、見た目も自然です。

入れ歯はしっかりお手入れ
しましょう

入れ歯はしっかりお手入れしましょう

入れ歯はお口の中で使うので、いつもきれいにしておくことが大切です。お手入れを怠ると、着色して見た目が悪くなったり、口臭の原因になったり、お口の中が不衛生になったりします。体力が低下し、免疫力が低下するとお口の中に炎症を起こすだけでなく、肺炎を発症する心配もあります。

  • 入れ歯はしっかりお手入れしましょう
  • 入れ歯はしっかりお手入れしましょう
  • 入れ歯はしっかりお手入れしましょう
  • 入れ歯はしっかりお手入れしましょう

入れ歯は、流水と入れ歯専用のブラシでやさしく汚れを落としましょう。歯みがき粉に研磨剤が含まれていると、摩耗したり、入れ歯に目には見えない細かい傷をつけてしまい、細菌やカビが繁殖しやすくなってしまいます。就寝前には市販の入れ歯洗浄剤を使って除菌することもおすすめです。洗浄後はかならずブラシを用いて流水で洗って、薬剤を落としてからお口に装着しましょう。

お口の中は日々変化します。入れ歯はつくったときにはぴったり合っていても、だんだん合わなくなるものです。そのために定期的なメインテナンス、修理、調整が必要になるのです。長い期間、快適に入れ歯を使えるように、定期検診を積極的に活用してください。

料金表

入れ歯治療 ¥150,000~¥800,000